那珂川町議会議員 松尾まさたか(新未来なかがわ) 活動ブログ

子宮頸がんワクチン薬害訴訟の第一回口頭弁論が本日、福岡地方裁判所にて行われております。
それに先立ち福岡地方裁判所前にて門前集会が開催され原告となる被害者を支えるために多くの支援者が来ておりました。
テレビ局など多くのメディアが見守る中、原告代表の挨拶などが行われました。
傍聴までできませんでしたが、人道的な立場に立ち被害者の救済が進むことを願っております。
IMG_20160928_152620
DSC_2458

9月議会も約半分が終わりました。
3期目を迎えた武末町長の所信表明に対して代表質問が明日の9月27日(火)に行われます。
新未来なかがわの会派代表質問は今回私が行うことになりました。
質問項目は、浸水被害対策は随分対策が講じられてきましたが急傾斜地の対策が進んでいないことが心配になります。
また、商工会支援なども本町独自の支援策を講じることで税収の向上を図れるのではないかと考えます。
そして、国際交流、友好都市づくりを目指すとのことだが目的をしっかり持たないと単なるお友達を作っただけとなりかねません。

お時間がございましたら傍聴に来られて下さい。
5番目となりますので明日の9月27日(火)の11時30分前後になると思います。
ただし、私の前に質問を行う会派の時間がかかれば午後一番になるかもしれません。

またライブ中継も下記にて行っております。

代表質問は、那珂川町のHPからライブ中継をしています是非ご覧ください。
議場での傍聴は、誰でも出来ますので3階の議会事務局にて受付をして議場へ入られてください。
議会ライブ中継:http://www.nakagawa-town.stream.jfit.co.jp/
705411

9月25日(日)の本日は、春吉公民館で開催された「子宮頸がんワクチン問題を考える福岡の会」での勉強会に行ってきました。
西岡医師による副反応症状における鍼灸治療における有効性やご家庭で簡単に出来るペットボトル温灸の紹介などがおこなわれました。
その後、近藤氏による国などの状況の説明がおこなわれた他に、大手メディアにて子宮頸がん予防ワクチンを推奨する寄稿が増えつつある現状が報告されました。
そして、「子宮頸がんワクチン問題を考える福岡の会」の今後の活動のあり方などが話し合われ裁判を控えている被害者の状況等を考慮しながら請願などの支援など大きな枠での支援が良いのではないかなどの意見が出されました。
私自身、被害者の意向がありはじめて支援だと思うので十分に被害者の思いを反映して今後の活動に取り組むべきだと考えています。
今後も被害者の立場に立った団体であるように協力していきたいと思います。
20160925_163558_654

このページのトップヘ