那珂川町議会議員 松尾まさたか(新未来なかがわ) 活動ブログ

8月24日(水)の本日は、公益社団法人筑紫法人会の加入勧奨・厚生制度推進決起大会が雑餉隈の一品香にて行われました(^-^)
公益社団法人になって個人事業主も加入出来る事になり支部役員として協力させて頂いてます。
会員の伸び悩みを役員が話してたのでまず仕事が成り立つ、そして納税し、人に自分がして貰った事を返すことの重要性を話しました(^_^;)
みんなが自ら入りたいと思える会になってくれたらと思います(^-^)
20160824_170913_783

本日、平成28年8月20日(土)は「第44回祭りなかがわ」が開催されます。
会場は、梶原運動公園で行われ夜店など多数出店しています。
花火は、20時20分から総数4000発が打ち上げられます。
会場となる梶原運動公園の横にある那珂川南中学校からも仕掛け花火や打ち上げ花火はありますが役場と会場を結ぶ田園地帯から打ち上げられる花火はひときわ大きく夜空を照らします。
岩戸小学校、役場、ダム事務所、JAライスセンター、ミリカローデン、那珂川中学校、安徳小学校などを駐車場として解放しシャトルバス等の運行を行っています。
お時間があれば遊びに来られてみてください。
IMG_20160820_084007IMG_20160820_083950

平成28年8月27日(土)午後3時から福岡市中央区の春吉公民館で「第二回 子宮頸がんワクチン被害者の全面救済を求める福岡県民集会」が開催されます。
国や自治体の積極的勧奨がなされなくなった現在、何となく時間の経過とともに話題に上らなくなってきた様に見受けられますが、今現在でも副反応による体の痛みなどの健康被害が改善されずに辛い思いをしている方が多くいます。
先月下旬には15~22歳までの女性63人が国と製薬会社2社を相手に9億4500万円の損害賠償を求める訴訟を起こすことになりました。
本来ならば訴訟を起こさず国も製薬会社も彼女達の体の事を考え対応すべきだったのではないだろうかと思います。
当日は、私もいつも通り伺う事にしてます。

概要は以下の通りです。

第二回 子宮頸がんワクチン被害者の全面救済を求める福岡県民集会・概要

主催:全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会福岡県支部
   子宮頸がんワクチン問題を考える福岡の会
   子宮頸がんワクチン被害を考える佐賀県民の会
後援:教育正常化推進ネットワーク
   月刊日本
日時:平成28年8月27日(土) 午後3時から
会場:福岡県福岡市中央区区春吉1-17-13 春吉公民館 講堂
会費:1,000円(資料代)
内容:南出喜久治弁護士(京都弁護士会所属)講演
   シンポジウム「被害者、被害者家族の声」
   決議文朗読 他
IMG_20160817_091829

このページのトップヘ