那珂川町議会議員 松尾まさたか 活動ブログ

11月26日(日)の本日、朝日・読売・毎日・西日本・日経の新聞(那珂川町配布分)の朝刊に会派報「清流自民What’sNew2」を折り込み配布させて頂きました。
会派所属議員8名の一般質問と9月議会での採決結果、本町で行われている事業の中で特に皆さまに関わりのあることをお知らせさせて頂いています。
ご意見、ご要望等ございましたらお気軽にご連絡ください。
PDF版は、こちらから。
201709会派広報(表)B4201709会派広報(裏)B4

今回、1万枚の町政報告のビラを作りました。
とても、一人で配れる数量ではなかったので沢山の人に手伝ってもらいながら配っている最中です。
今の議会の構成、私がこれから先何がしたいのか、お恥ずかしい話ですが式典における、ある議員の暴言とそれを放置してきた議会の対応を全員協議会で協議した内容などを記載しております。
特定の議員の足を引っ張るのが目的ではなく、私たち議員にご自分の思いを託してくれた住民の皆様は知る権利があります。
知った上でどう考えるかも皆さまの権利だと思います。
議会は、皆様の負託の上に成り立つもので都合の悪い事をあたかも無かったように隠すことは、一番の間違いだと考えています。
現在、仲区、市ノ瀬区、中原区、松木区、山田区、内田区、谷口区の一部、松原区、片縄東1丁目は、配布の手伝いをしてくれる方ができました。
本当に有難いことです。
もし、この地区を配っても良いよという方がおられましたらご連絡を頂けたら幸いです。
内容は、下記の松尾まさたか公式HPでご覧になれます。
http://www.sasuga.co.uk/masa/
201711Change

11月7日(火)の本日、五ケ山ダム周辺整備の視察に経済福祉常任委員会にて行ってきました。
ダム周辺にキャンプ施設やアウトドア施設や公園などが計画されています。
県が施工しているビオトープやダム事務所、ダムの進捗状況も合わて視察させて頂きました。
ビオトープも自然に草木が生えるのを待ち、自然に動植物が戻ってくるのを待っているとのこと。
現在は、野うさぎやキツネや野鳥などの動物、トンボなどの昆虫など工事前に生息していた動植物などほぼ戻ってきているとのことです。
現在、ダムの貯水率は37%ほどで試験湛水目標水位(サーチャージ水位)になるにはもうしばらくかかりますが、五ケ山ダムの試験湛水目標水位(サーチャージ水位)は下記に記載しています福岡県庁のHPにてご覧になれます。
試験湛水目標水位(サーチャージ水位)に達すると上部に開口されている放水口から24時間だけ放水されます。
多分、上部の放水口から放水されるのは最初で最後ではないかとも言われておりますのでご注意されながら見ててください。
「GOKA-METER」試験湛水目標水位(サーチャージ水位)
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/gokayama-shinchoku.html
IMG_20171107_144124IMG_20171107_140215IMG_20171107_143348IMG_20171107_135846IMG_20171107_134229

このページのトップヘ